メイン | 2012年8月 »

2012年4月

2012年4月 5日 (木)

稲垣種鶏訪問記

Image1120111776411869020403 Image1120111776411869020721

http://ameblo.jp/chisoukouji/entry-11201117764.html

お店をお休みいただき、店員全員で稲垣種鶏を訪問しました。
お電話では、定期的にお話を伺っていますが、やはり直接お会いしてお話を聞くと違います。

いろいろ教えていただいたことは稲垣さんの企業秘密なことばかりで、ブログで細かくはお伝えできないのが残念ですが、日々品質改善に余念のない稲垣さんですが、日々の小さな積み重ねが大きな差になっているのだと改めて感じました。

鶏舎にも拘りがあり、見てください。この緑。 鶏のために緑にもこだわっています。

「この緑が大事なんだ」と言っていました。 世の中効率化効率化で、今や鶏舎も窓がない鶏舎が増えてきました。稲垣さんは健全な鶏の成長には窓は必要と言います。


戦後ブロイラーが日本に入ってきて地鶏が容易に食べられなくなる時期が続きましたが、地鶏復権の苦労は大変なものです。おいしいものに効率化は難しいということを肌で感じました。

おいしい鶏を作るという信念のもと、自然な飼育に拘る稲垣さんの拘りは半端ではありません。「150日飼育は絶対に譲れない」と力強く語っていました。

そんな拘りが分かりやすく表れているのが、「鶏の匂い」です。
稲垣さんの名古屋コーチンは本当に匂いがしません。これは飼育方法に差があるのです。

そんな拘りの鶏を私たちもお客様にきちんと説明する使命があるとひしひしと感じたのでした。

円居 ‐MADOy‐ 日比谷 のサービス一覧

円居 ‐MADOy‐ 日比谷